HOME > ブログ > ふじログ

ふじログ

前の月 2021年10月次の月
日月火水木金土
      12
3456 789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯からもふじログが読めます

ブログトップへ戻る
カテゴリ:薪仕事とストーブカテゴリ別
2018年01月20日

薪仕事です・・・♪

薪仕事とストーブ


今日も日差しが暖かかったですね。

午前中は 山口さんと一緒に

「 焚きつけ 」 づくりをしました!


IMG_9070.JPG


薪ストーブ生活を送るのに

「 火おこし 」 に欠かせないのが

細かな細木、「 焚きつけ 」 です。

上手に火を起こすには 焚きつけが重要で

焚きつけのストックが多いほど

安心して暮らせます (笑)



小枝も、使用済みの割り箸も

薪割りの時に出る木くずも すべてが資源。

建築中の現場から出る端材はもったいないので

杉やヒノキはこうして片手斧で割って

一部は鉈でもう少し細かくしたり。


IMG_9076.JPG


割るときに出た木っ端もすべて使い切る。

手間や労力はかかりますが

こうして汗をかきながらの作業や

ねじれた木を苦労して割った時のよろこびとか。

薪ストーブの暖かさを知ると

頑張れたりするから 不思議です (笑)




明日は築4年になるお家を2件

案内させていただくのですが

1件は薪ストーブのお家なので

この「 焚きつけ 」 を手土産に持っていきます !

きっと喜んでくれるだろうな〜と

想像して割る作業は なお愉しいです ♪






このブログの読者になる 更新情報をチェックする 一番上に戻る ブログトップへ戻る
2012年04月01日

薪づくり・・・♪

薪仕事とストーブ


わが家では ぼちぼちと次のシーズンに向けて

薪づくりが始まっています。


2月3月と 実家の父とその友人の方のツテで

かなりの量の原木を頂きました。

伐採されて処分に困るからもらってほしいと

留守中に軽トラで運んできてくれる

ものすごーくありがたいことです。


我が家の庭は、現在こんなことになっています。


IMG_6342.JPG



旦那さんの休みの時にチェーンソーで切ってもらって

私も休みの日は2〜3時間割ったり積んだり。


天気が良くて、ふたりで一緒に作業できる日は貴重な時間。

旦那さんは あまり楽しそうではないですが… 笑

私はかなり愉しんでいます ♪



一昨年から薪の準備を頑張った甲斐もあって

新築祝いにといろんな方から薪をいただいたこともあって

今年は毎晩ストーブに火を入れて 暖かく過ごすことができました。


共働きの我が家では 夜焚くだけですが

1シーズンが過ぎ、使う量もわかってきました。


春になって、また次の冬支度をする

こんな暮らしもまた愉しいです。



このブログの読者になる 更新情報をチェックする 一番上に戻る ブログトップへ戻る
2011年01月10日

薪割りのつづき・・・♪

薪仕事とストーブ


工事が始まったわが家は薪ストーブが入る予定です。

実家に切り倒した樹があったり

ちょうど原木をもらったりというタイミングも重なって

ちょっと気が早いけど薪の準備をしよう! 

と決めたこのお正月休みの話です。



休みも長いし、時間もたっぷりあるもで

まずは年末、コトコトヘ斧を買いに行きました。 

コトコトの周平さんに、私でも振れる斧を相談にのってもらい

ユースケさんには小雨のパラつくなか素振りから教えてもらって。

短時間の特訓を終える頃には

何回かに1度は気持のいい音で割れるようになり

気分よく斧を購入して帰ってきました。

お値段は2万円弱のいい斧です。


初心者にはよくわからないので

プロに相談にのってもらいながら試し割りができるのは

とっても心強いです。

手の運び方や姿勢、木の置き方、斧の手入れなど勉強になりました。



DSCF2532.jpg



家に戻って夜、ダンナさんに自慢気に斧を見せると

『 小っさくね !? 』 と一言…

でも重すぎると私が振れないし…

それから雨が続いてウズウズして数日を過ごし…


むかえた薪割り当日。

アレ??コトコトでは割れたのに何で?

家にあった樹は堅くてひびも入らずで (笑)


ほらね!やっぱり俺の仕事になるんでしょ!

と言いたげなダンナさんの顔 ……

どうしよう。自分も薪割り頑張るからと

ダンナさんを説得して入れることになった薪ストーブです。


少し焦りましたが

結局割ってもらって私は運ぶ係になりました。

樹によって堅さが違うことを学習した一日目。

でも楽しい。

庭で楽しめて気持のいい汗をかいて

薪割りっていいかも♪ って感じでした。



そして二日目。

長い木はダンナさんが実家にあったチェーンソーで

サクサクと玉切りしてくれました。

以外な一面を発見です。彼はなぜか薪割りも上手い。

根気よく教えてくれるし

私も何度も挑戦するうちに少しコツがわかって

太くなければ割れるようになりました♪



でも当り損ないも多くて細かい木端がたくさん。

焚きつけ用ばかり増えていく感じに…

休憩しながら庭でお茶を飲みながら

筋肉痛もでてきたけどやっぱり楽しい♪

気持のいい音で割れると気分爽快です。

昼ごはんを食べるのも忘れて薪割りをしました。



DSCF2544.jpg



そして3日目。

お互いの役割分担も出来てきて作業は進み

薪もどんどん積み上がっていきます。

積み上げるのにもコツが必要で上手に積まないと崩れてくる。

乾燥しやすいように考えたり。

とりあえずは借り置きだけど、

薪棚作りたいねーなんて話も弾んで

なんて健康的な暮らし

積み上げた薪の上に小鳥が来るようになりました♪




そんな感じで初めて薪割りに挑戦してみて

すっかりその魅力にハマってしまいました。

次の冬に向けて手間をかけてコツコツ支度する

という暮らし方もとても興味深い。


廃棄処分されるはずの木が薪として新たな役割をもつ。

来年の冬はきっと暖かく過ごせるんだと思うと

その手間も労働も楽しい。

自分たちにこんな暮らしが待ってたのかと

自分で一番驚いてたりします。



薪は7ヶ月から1年は乾燥が必要だと聞けば

今から準備するのはぜんぜん早くないみたいです。

休日の楽しみが増えました!






このブログの読者になる 更新情報をチェックする 一番上に戻る ブログトップへ戻る
カテゴリ:薪仕事とストーブカテゴリ別